相続の手順を知っておこう

大切な家族が亡くなった後、悲しみに暮れる間もないまま遺産相続をはじめなければなりませんが、どのように進めていけばいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?
遺産相続は多くの人が経験しますが何度もするわけではないので、普段から遺産相続について情報収集している人やそういった仕事をしている人以外はあまり詳しくないと思います。
また、遺産相続はトラブルになりやすいイメージもあって、事実全体の70パーセントが何らかの相続トラブルを経験したと答えています。
それではスムーズでトラブルのない相続をするためにはどのようなことがポイントになるでしょうか?

これは相続の手順を知っておくことが一番で、相続の手順を知っておけばいつどんな手続きをするのかも分かりますからリスクマネージメントしやすく、トラブルを未然に防ぐことにも繋がりますし、スムーズに手続きを進められます。
相続の手続きがそれぞれ期限が設けられており、期限で分けて考えると分かりやすいです。

まず被相続人が亡くなってから7日以内に死亡届を市町村役場へ出します。
次に3カ月以内にやらなければならないのが「被相続人の通夜・葬儀」「被相続人の所有する口座がある金融機関に連絡する」「生命保険金を受けとる」「健康保険・遺族年金がある場合はその受取手続き」「遺言書の確認、裁判所で遺言書の検認」「相続人を確定させるための戸籍調査をする」「相続財産の調査をする」「遺産分割協議の開始」「限定承認・相続放棄する」です。
3カ月以内にやらなければならない手続きの中で最初にするのは通夜・葬儀だと思いますが、相続スタートは被相続人が亡くなったその日からですからほかの手続きを早めにスタートさせるためにも通夜・葬儀は早めに終える必要があります。

そして遺言書が残されている場合はその内容に不備がないか確認しなければなりませんから、裁判所での検認をします。
裁判所での検認が必要になるのは自筆証書遺言と秘密証書遺言のみで、公正証書遺言の場合は必要ありません。
ひとつ注意して欲しいのが遺言書を開封するのは相続人ではなく弁護士になりますので、遺言書が残されている場合は相続人だからと言ってすぐに開封してはいけません。
遺言書が有効であればそこに記載されている通りに相続を進めていきますので、遺産分割協議をする必要がありません。
したがって遺言書の有無で遺産相続がどのように進められていくかが変わってくるのです。

4カ月以内で準確定申告をしたら、次は10カ月以内にしなければならない手続きを整理しておきます。
10カ月以内にやらなければならない手続きは「遺産分割協議書の作成」「各種相続手続きをする」「相続税の申告をする」の3つで、これらはいずれも非常に重要な手続きになりますから期限を厳守してください。

まず遺産分割協議書の作成ですが、これは相続手続きの際に必要になりますし、そこに記載されていることは遺産分割協議で決まったことですから大きな意味があります。
遺産分割協議書は法定相続人すべてが揃わなければ作成することができず、全員の署名がない場合は無効になってしまいますので注意してください。

そして各種相続手続きは法定相続人がそれぞれ行いますが、手続き方法はどの財産を相続するかによって変わってきますから調べておきましょう。
特に不動産は相続する可能性が高い財産ですが、手続きもどんな不動産を相続するかで異なりますので知識がない場合は専門家と相談しながら進めていくことをおすすめします。

相続税が発生する場合は税務署へ申告しなければなりませんが、相続税がかかるかどうかは相続した財産の総額から基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いて出た金額が対象になります。
基礎控除額の計算方法は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)で計算できますので、たとえば法定相続人が3人いる場合は3,000万円+(600万円×3)ですから4,800万円が基礎控除額になります。
配偶者控除額は基礎控除額の範囲内あるいは1億6,000万円を超えないことが条件になりますので、配偶者の場合ほかの法定相続人よりも優遇されます。

相続税申告が終われば遺産相続はひと段落したと言えますが、1年以内が遺留分減殺請求の期限になっていますし、3年以内が配偶者相続税軽減の手続きの期限になっていますのでこちらも覚えておきましょう。

このように遺産相続の手続きは期限を区切ってやっていけば分かりやすいですし、ひとつひとつの手続きをすべて自分でやるのではなく、自分でやることと専門家に任せることを分けてやるとよりスムーズに進められます。
相続トラブルになる家庭の多くは自分で勝手な解釈をしてしまっていることが多いですから、正しい相続の方法と手順を把握しておきましょう。
詳しいことは弁護士や司法書士などの専門家に相談してスケジュールを調整してください。