兄弟や姉妹が相続する場合

遺産相続をする際に相続人を決めなければなりませんが、手順としては遺言書が残されている場合は裁判所の検認を行ってそこに記載されている内容に沿って進めていきますし、遺言書が残されていない場合は法律で決まっている優先順位に基づいて法定相続人を決めます。
法律で決まっている優先順位はもっとも高いのが配偶者で、次に子供、3番目に父母や祖父母、最後に兄弟や姉妹となります。
被相続人に配偶者や子供がいる場合は父母や祖父母、兄弟や姉妹は相続権が与えられませんが、配偶者のみの場合は繰り上がりで相続権が与えられます。

相続できる割合としては配偶者と子供の場合は配偶者が全体の2分の1で子供が残りの2分の1を分け合う、子供がいない場合は配偶者と父母や祖父母が相続し、もらえる割合は配偶者が全体の3分の2で父母や祖父母が残りの3分の1になります。
そして兄弟や姉妹が相続する場合は配偶者のみで子供や父母、祖父母がいない場合あるいは兄弟や姉妹しか残されていない場合に限ります。
配偶者がいる場合は配偶者が全体の4分の3を相続し、兄弟や姉妹は残りの4分の1を相続することになります。
したがってもっとも優先順位の低い兄弟や姉妹は遺言書が残されていない場合、あまり相続する可能性はないのです。

また遺言書に本来法定相続人になりうる人以外の人物が記載されていた場合はその人物に財産が引き継がれますが、その際に最低限の保証として被相続人の家族は遺留分減殺請求をすることができます。
しかし遺留分の対象となるのは配偶者と子供、父母や祖父母のみで兄弟や姉妹は対象になりませんから、もし遺留分が発生する状況になるならはじめから相続権はないものと思っていいでしょう。

ただし遺言書に兄弟や姉妹に相続させることが記載されている場合は優先順位が変動して、兄弟や姉妹が優先的に相続することができます。
兄弟や姉妹に相続させたいのであれば、遺言書にその旨を記載しておくのが一番いいでしょう。