配偶者が相続する場合

遺産相続においてもっとも相続権の優先順位が高いのが配偶者で、被相続人に配偶者がいる場合はいろいろな面で優遇されることになります。
そこで今回は配偶者が相続する場合どのような優遇措置があるのか紹介していきますので参考にしてください。

まずはじめに配偶者は相続権の優先順位がもっとも高く、しかも相続できる割合ももっとも多くなっています。
相続の優先順位は配偶者→子供→父母祖父母→兄弟姉妹の順番になっていて、配偶者はいかなる場合も必ず相続できる立場にあります。

相続できる割合は配偶者と子供がいる場合は配偶者が全体の2分の1を相続し、子供が残りの2分の1をを分け合います。
配偶者と父母祖父母が相続する場合は配偶者が全体の3分の2を、父母祖父母が残りの3分の1を分け合います。
配偶者と兄弟姉妹の場合は配偶者が全体の4分の3を、兄弟姉妹が残りの4分の1を相続します。
このように割合は組み合わせによって違うものの、配偶者は非常に優遇された立場にあるのは間違いありません。

加えて相続税の面でも配偶者は優遇されており、配偶者に限り「配偶者控除」を受けることができます。
配偶者控除の内容は基礎控除の範囲内あるい1億6,000万円を超えない場合は非課税になるというもので、どちらか多いほうが適用されます。
相続税の基礎控除は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)で計算できますから、法定相続人の数を当てはめて基礎控除額を出してみてください。

ただし相続の手順においてまず遺言書の有無を確認しますが、遺言書が残されている場合はそこに記載されている内容に沿って進めていきますので、場合によっては配偶者が優遇されないこともあります。
しかしたとえ第三者に財産を引き継がせることが記載されていても配偶者は遺留分減殺請求をすることができますので、通常よりは少なくなるものの最低限の保証は受けられます。
このように配偶者は相続において特別な存在なのです。